バリには 何もしない がある

だいたい年に1回訪問しているバリ島のこと、備忘録としていろいろ書いていきます。

私の好きなバリ島のホテル くつろぎスタイル選び放題《グリヤ サントリアン》での過ごし方

 

バリで学んだ「何もしない」旅スタイルを、日本でもできないものかと試したことがある。何しろ何もしないのだから、リゾート地らしいホテルを選べば何とかなるんじゃかと思ったのだが、どうもうまくいかなかった。

日本のホテルって、自分の部屋以外に、だらだら過ごせる場所がないのだ。「何もしない」を満喫するには、何もしないでいられる場所が必要だ。バリには、ホテルにも、街にもそういう場所がたくさんある。

 

長期滞在者に人気のグリヤ サントリアン

これまでの12回のバリ旅で一番好きだと思ったのは、サヌールの《グリヤ サントリアン》。4回目のバリで初めてサヌールに行くことになり、欧米からの長期滞在者に人気のホテルだと聞いて、ここに決めた。

バリ島のホテル グリヤサントリアンの庭の小道

グリヤ サントリアン

 

リゾートを楽しむ人々を眺めながらソファでくつろぐ

グリヤ サントリアンで、一番好きな場所は、この下の写真のソファ席。ホテルの敷地の一番外側で、海に面している。白いパラソルがあるあたりはもう砂浜で、砂浜との間にはサヌールのビーチ沿いにずっと続いている遊歩道がある。

このソファに座って海を眺めていると、白いパラソルの下で水着で思い思いにくつろぐ人々、という実にリゾートらしい光景を背景として、いろいろな人が遊歩道を行きかうのが眺められる。ジョギングや散歩をしている人、おそろいの帽子をかぶって騒ぎながら通る地元の少年たち、頭や肩に荷物を乗せているお仕事中の人たち。海に入っていく人もいる。遠くに船が見える。

朝食後の散歩から帰ってきてここでくつろいでいれば、お腹が空いてきたら食事をオーダーして、そのままランチタイムになだれ込める。

海に面した壁のない建物、板の間にソファが置かれている。

海に向かったソファの席(水平線が斜めなのはご容赦を…)

 

砂浜のサンラウンジャーに寝そべる午後

水着でくつろぎたくなったら、砂浜側に出る。東向きの海なので、午後は大きなヤシの木の影が落ちて、過ごしやすい。サンラウンジャーに寝そべって、青空に浮かぶ雲と、風にそよぐヤシの葉を眺めて過ごす。

砂浜に白いパラソル、サンラウンジャーが並んでいる

グリア サントリアンのビーチ

砂浜のテーブルに、飲み物が置かれている

ホットティーは大きなポットで持ってきてくれる

 

シャワーを浴びてデイベッドでクールダウン

夕方、部屋に帰ってきてシャワー浴びると、連れ合いがエアコンの効いた部屋でクールダウンしたがるので、冷房が苦手な私はベランダのデイベッドで過ごす。足を延ばしてクッションにもたれ、夕飯は何を食べようか、などとのんびり考える。

部屋の中から、デイベッドが置かれたベランダを見ている

広いベランダにはデイベッド、椅子にテーブルも

 

アフターディナーのカクテルはプールサイドで

まだ日があるうちに外のレストランへ夕飯に出かけて、ホテルに戻ってからプールサイドのバーへ。プール越しに、暗くなっていく海辺の景色を見ながらカクテルを楽しむ。この後写真を撮ったあとスコールになったが、屋根があるので大丈夫。プールの水面にはじける大粒の雨を眺めて、トロピカルムードを味わった。

夜、プールサイドのバーのテーブルにオレンジ色のカクテルが置かれている

ところどころライトアップされていて雰囲気が良い

 

グリヤ サントリアンには、他にも3つのプールを取り囲むサンラウンジャー、広々としたロビー、アートギャラリー、ライブラリーなど、まだまだくつろぎスペースがある。

居場所がたくさんあるホテルだから、長期滞在者に人気というのも良くわかる。次にまたバリに行けるようになったら、ここに滞在したいと思っている。